巻物

メッタメタガキ講座

コミックオンライン情報

コミック情報他様々な記録

ホーム >> メッタメタガキ講座

メッタメタガキ講座

赤塚不二夫先生と並ぶ、昭和のナンセンスギャグマンガの巨星、谷岡ヤスジ先生の代表作です。

『少年マガジン』に連載されていたそうですが、赤塚先生の作品よりもナンセンス度がもう少し高く、よりドライで、より大人向けのエロさがあります。

今や伝説化している「アサー」や「鼻血ブー」がどんどん飛び出して来て、超過激。(笑)

一応主人公はガキ夫という、全然可愛いげのない出っ歯のチビッコで、何故か出てくる人間は皆出っ歯かタラコ唇が多いです。

それに子供はハナを垂らしているのが、昭和的です。

特にすじがある訳ではなく、頭に日の丸を立てた、ムジ鳥というトサカはあるものの、クチバシではなく獅子舞の獅子のような歯を持った、鶏に極めて似ている鳥が上機嫌で「アサー」と叫んで1日が始まり、どうでもイイような事が、のらりくらり描かれています。

この「アサー」が有名になり、とうとう夜にも「ヨルー」とやりだす始末です。

そして、ちょっとエロいものを見ると、すぐ「鼻血ブー!」

これも人気が出て来るにつれて、作者も調子づき、鼻血の量が半端でなくなって来たみたいですね。

なんか後半は、この人気の「アサー」と「鼻血ブー」に作者自身が振り回されて、あまりギャグも冴えなくなってしまった、という印象です。

手裏剣


Copyright (C) 2014 コミックオンライン情報 All Rights Reserved.
巻物の端