巻物

乙嫁語り

コミックオンライン情報

コミック情報他様々な記録

ホーム >> 乙嫁語り

乙嫁語り

舞台は19世紀後半の、とある中央アジア。そこには伝統を守りながらむかしと同じ生活をする民族が住んでいた。

どくとくの装飾を纏い、独自の文化の中で生きる彼らの生活の日常。

とある町に住むエイホン一家の長男坊カルルクはまだ12歳の年齢でありながら親の事情により20歳も年上の花嫁をもらわなければいけなくなってしまった。まだ、子どものあどけなさが残るカルルクとカルルクの妻になったアミルは結婚をしたものも、イマイチ打ち解けられていないような気がしていた。

そんな二人が遭遇するさまざまな人間模様。民族間のごたごたや、お互いに夫婦になっていくアミルとカルルクの心理模様。

また、そんな彼らを観察し研究する英国人スミス。

短編形式で丁寧に描かれる、彼らの美しい物語。たんたんとしていて、派手なアクションがあるわけではないのにも関らずそこに登場する登場人物たちの心持や葛藤を上手に描かれているため、読後は上品なドキュメンタリー作品を見たような気分になるだろう。

また、圧倒的画力でその民族の装飾などをしっかりと描かれているため、中央アジアの独自の雰囲気を描いている。

いまだ、文明を知らぬ彼らが自分たちの文化を守りながら生きていくのを垣間見れる漫画です。

手裏剣


Copyright (C) 2014 コミックオンライン情報 All Rights Reserved.
巻物の端