巻物

イグアナの娘

コミックオンライン情報

コミック情報他様々な記録

ホーム >> イグアナの娘

イグアナの娘

「イグアナの娘」は、萩尾望都さんの漫画で1992年の作品です。イラストも可愛らしいし、一見少女漫画なのですが、少女漫画と言って片付けられない奥深いストーリーになっています。

青島家の母親である青島ゆりこは長女のリカを愛する事が出来ません。なぜならリカの事がゆりこにはイグアナに見えてしまうからです。本当はリカは可愛い女の子にもかかわらずです。そしてリカにはマミという妹がいますが、マミの事は、ゆりこには可愛い普通の女の子に見えるので、マミだけを可愛がります。

読み進めていくうちにリカの気持ちが痛いほど胸に突き刺さっていきます。ファンタジーっぽく描かれているので多少は救いがありますが、姉妹関係や親子関係などで一度でも悩んだ事がある方なら結構心に響くストーリーだと思います。

自分が母親に愛されないってこれほど辛い事はないなとリカを見ていて思いました。まだリカが一人っ子だったら寂しいけれどそれはそれで比較される対象もなかったので、良かったと思います。でも傍には母親に溺愛されるマミがいるので、その母親の接する態度の違いにリカは物凄く苦しめられるのです。

そして母親に愛されないリカは、自分でも鏡を見ると自分自身がイグアナに見えてしまい、自信をなくしてしまうのです。

子供を産んだら、全ての兄弟を対等に愛するのが基本的な事だと思います。リカは母親から愛されなかったけれど、心優しい女の子だった事が良かったなと思います。

手裏剣


Copyright (C) 2014 コミックオンライン情報 All Rights Reserved.
巻物の端